Line

最初にすること・両親への報告

二人の結婚の意志が決まったらまず最初にすることは何でしょうか? もうお分かりですよね

まずは、お互いの両親に結婚の意志を報告することです。 それが二人の結婚準備の第一歩となります。

結婚は二人だけのものではありません。 今は昔と違いかなり自由度は高くなりましたが、まだまだ昔からの考えや習慣に基づいて結婚する人たちが大多数です。

どういう形式を選ぶにせよ、お互いの両親にきちんと報告することが大切です。

さて、では実際にどのような形でお互いの両親に報告するのがよいのでしょうか。

結婚は人生で最も重大な事の一つです。 その報告をするのですから、けじめをもってしっかり行いましょう。 「相手方の両親とはもう親しいから」などといって簡単に考えないように注意しましょう。

まずは報告する日の日時の確認です。 自分たちの都合ばかりでなく、相手の両親の都合をきちんと確認して決めましょう。

服装は基本的に男性はスーツ、女性もスーツやワンピースなど清潔感のある服装がいいでしょう。 普段着は避けたいです。 訪問には手土産を持参しましょう。

訪問して両親と対面したら、いきなり本題に入るのではなく、できれば場を和ませるために一つ二つ談笑したいところです。 幾つかネタを用意しておくとスムーズかもしれませんね。 相手の両親が気を使って何か話題を振ってきたら、それに乗るのもいいかもしれません。

本題に入るときはどちらの家でも、彼氏から報告するようにしましょう。 きちんと姿勢を正して、もしくは正座をして、「○○さんと結婚させてください」とはっきりと誠意を持って言いましょう。 あまり表現で凝る必要は無いです。 ただ「○○さんをください」という言い方は、よく耳にしますが嫌がる両親もいますので避けたほうが無難です。

両家の顔合わせ

お互いの両親に結婚を了承してもらえたら、次は両家の両親の顔合わせです。

最近は食事を伴った顔合わせにする場合が多いようです。 この顔合わせの会場は個室にするといいでしょう。 周りに気を遣わないで過ごすことができますからね。

場所はお互いの家の中間地点にすることが多いです。 ただし宿泊が必要なほど遠方となる場合には、逆に中間地点にこだわる事はないですね。

当日の服装は、会場の雰囲気に合ったものとしましょう。 お互いの服装が違いすぎないように事前に話し合っておくことが大切です。

兄弟姉妹がいるときは同席すると、お互いの家族構成を知るいい機会ですので同席することをお勧めします。

気になるのが当日の会話ですね。 話が途切れて気まずい雰囲気になるのは避けたいところです。 事前に相手方の情報を知っておくと、話題が増えてスムーズに交流できるでしょう。

費用は両家で折半するのが普通です。 事前に準備しておくことで、お勘定で両家が払いあいをしないようにすることも大切です。

お互いの両親への気配りを忘れずにしましょう。 そして、お互いの両親から祝福されて、結婚準備は進めていきたいですね。

Line


結婚式の悩みと対策

気になる記事ピックアップ

結婚祝いの金額
結婚祝いでお金を贈る時、その金額に悩むことがあります。一般的に言われているのは割り切れる数字は縁起が悪いということ。でも、2万円というのはけっこう丁度いい金額だったりします。それで、悩むのですが、近頃は2はペアに通じるので、偶数でも大丈夫と言う解釈もあるようです。

ウェディングドレス
ウェディングドレス結婚式と言えば、ウェディングドレスは欠かせません。 ウェディングドレスのない結婚式は想像できないですね.....

国際結婚
国際結婚にはいろいろ制度上の違いはあるものの、昔ほど抵抗は薄れていると思います。国際結婚を視野に入れると結.....

地域ごと定番ホテル
地域に一つ定番ホテル仕事やプライベートなど泊まりで出かける機会が多い人には、その行き先ごとに定番のホテルがあるので.....

プリンセスライン
プリンセスラインには、お姫様ドレスとも言われるような、上半身がフィットしていて、腰から裾までギャザーによって広がった型のものがあります。腰の切り替えがなくて、前身ごろに縦ダーツが入っており、スカートはフレア型というのもあります。

Copyright © 2007 結婚に向かって!・・ブライダルプランや結婚式、披露パーティー、婚活も. All rights reserved